Apple Find Myとは?メリットと併せて徹底解説!

目次

1. Apple Find Myとは


Apple Find Myとは周辺にあるApple製品との間でBluetoothネットワークを構築し、紛失したApple製品の場所を見つけることができる機能です。

Apple Find Myは、2019年に開催されたAppleによる開発者向けのイベント「WWDC 2019」にて発表されました。

iPhoneやiPadApple Watchを使っていれば標準アプリの一つなので、スムーズにご使用いただけます。

 

 

  2.Apple Find Myに対応するとどうなる?

対応デバイスは周囲のApple製端末に向けて自分の位置情報データを伝えます。

送受信される位置情報のデータはペアリングされていない端末からの追跡は不可能なため個人情報が洩れるなどといったプライバシー面での心配はいりません。

 なお、オフラインの端末でも位置情報が分かるので、例えば電源が落ちたiPhoneを探そうとする場合でも使うことができます。

Find Myに対応すると、安全でより早く紛失物を見つけることができるので、貴重品を失くしがちな方にとっては便利な機能です。

今回はApple Find Myに対応した新製品『doco-tag』の3つのメリットをご紹介します。

記事を読んで「もっと気になる!」と感じた方はブログ下部に購入ページを記載するので、ぜひご覧ください!

 

  3.Apple Find My対応doco-tagのメリット

 

3-1. アプリで電池残量を確認することができる

doco-tag使用中、急に電池が切れたら心配ですが、アプリ上で電池残量が確認できます。

さらに、電池交換が必要になったら通知が届きます。

 

 

3-2. 製品から音を鳴らすことができる

この機能を使えば、近くにある貴重品(doco-tag)を探すときにすぐに見つかるので便利です。

 

 

3-3. 拾った人から連絡をしてもらうことが可能

紛失モードにメッセージや連絡先を登録しておくことで、第三者が拾った際に、電話やメールにて貴重品の場所を連絡してもらうことができます。

 

  4. doco-tagに関するQ&A

4-1. Q. どこまで追跡できますか?

        A.世界中どこでも繋がります。

4-2. Q. 電池は何を使用していますか?

        A. CR2032(3V.240mAh)1個を使用しております。

4-3. Q. 1回の電池交換でどのくらい持ちますか?

        A. 待機状態(スタンバイモード)で約1年間持続いたします。

4-4. Q. 保証期間はどのくらいですか?

       A. 1年間での保証が付いております。

 

 

ブログに戻る